どれだけ忙しくても、どれだけ大変でも子供に興味を持ち、会話をするように努力しましょう。

父としてできること

 

子供が引きこもりにならないように父親が気をつけたいこと

 

父親が原因で引きこもる場合

この場合は父親が無関心な場合に多いです。

 

子供は親の愛情を受けて心のバランスを保ちますが、父親として大切なのはどれだけ大変で忙しくても子供との接する時間を見つけましょう

 

子供と出かけていない、子供と会話をしていない、子供の頑張りを評価してあげない、こういったことは子供に対して多くのストレスを与えます。

 

父親としてた一家のことを全て見なければならない大変さは分かりますが、一度の人生において父親としてしっかりと立ち振る舞うことが大切です。

 

 

父親の言動が心を育てる

厳しく躾をする父親に誰もが恐れるものですが、その反面良い事をしたらきちんと褒めるなどの「思い出」があれば子供はきちんと育ちます。

 

母親が厳しい場合は父親が少し優しくなってバランスをとっていくなどの行動が必要です。

 

子供が家庭での行き場が無い場合は心に過剰なストレスを与え、親のことを憎む傾向があります。

 

親のことを憎まないためにも、子供の味方でいるという考えだけでなく、子供にとしっかり向き合うことが大切です。

 

父親としても子供の成長を見守るのではなく、適度に子供との距離を保ちながら会話を持つように心がけましょう。

 

 

子供の引きこもり問題

父親として気になるのは子供の引きこもり問題ですが、裕福な家庭ほどこの傾向が強いです。

 

親が忙しく、子供の面倒を見ていられない場合は子供は愛されていないと感じてしまいます。愚痴る場所もなく、親と会話をしたくてもできない、他人の家族と比較してしまうなど、様々なことが子供にとってストレスを与えます。

 

どれだけ忙しくても、どれだけ大変でも子供に興味を持ち、必ず会話をしようと努力をしてください

 

親の頑張りは子供も理解していますが、子供に見向きもしないと引きこもりを誘発してしまいます。

 

父親として大変なことは沢山ありますが、きちんと子供と向き合うように心がけることを忘れないようにしておきましょう。